PROFILE

2009年08月18日

弓の又キャンプ場(初日)

お盆の 帰省ラッシュの 真っ只中・・・

母の田舎の長野 “弓の又キャンプ場”に行きました。

渋滞を避けようと、深夜2時、東京を出発!

・・が、しかし、同じことを考えている方多しふらふら

しっかり渋滞にはまり、やっとのことでキャンプ場、9時到着!

弓の又はじまり.JPG

チェックインは11時ですが、

「前の方がお帰りになっているので、チェックインしていいですよ」

と、管理人の方・・なんてお優しいっぴかぴか(新しい)


晴れたり、曇ったり・・山の天気は変わりやすいです。

そして、小雨の降る中、さっさと設営。

弓の又2.JPG


昼食は、キャンプ場近くの “東山道”で。

弓の又3.JPG

信州といったら、やっぱり “そば”(大盛り)

弓の又4.JPG

そして、五平餅わーい(嬉しい顔)

弓の又5.JPG

五平餅のみそは、くるみをつぶして作った、お店特製だそうで・・

とっても美味るんるん


サイトに戻り、まったりゆったりと・・

そして、夕食準備。

今回の、新兵器は “丸型飯ごう”

今までは、土鍋(2合炊き)を持ち出していたけれど、落として割れる

んじゃないかと、ヒヤヒヤあせあせ(飛び散る汗)

しかも、2合じゃ、大人数では足りません。

ユニフレームのライスックカーDXと、悩みました。

・・が、価格で選びました(丸型飯ごう 980円るんるん

弓の又6.JPG

上手く炊けたっわーい(嬉しい顔)


夕食後、昼神温泉郷の“リフレッシュinひるがみの森”へ。

キャンプ場で、割引券をもらうと、大人1000円→500円!


昼神温泉郷では、お盆の夏祭り開催中(今年は8/10〜16)

露天風呂で一緒になった、ご婦人が

「ここの露天から、打ち上げ花火が見られるよ」と。


のぼせそうになりながら、待っていると・・・


ドド〜ンどんっ(衝撃)(残念ながら、写真は撮れません)

驚くほど、間近に花火が上がりました。



今年は、国連が「世界天文年」と定めた年。

流星群が見られると、張り切っていたのに・・

あいにくの曇り空で、楽しみにしていた星空が見られませんでした。


・・が、特等席で、特大の打ち上げ花火が見られましたぴかぴか(新しい)


明日からの晴れ晴れを祈って・・眠い(睡眠)


















posted by 高橋ゆかり at 15:21| Comment(0) | 弓の又キャンプ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弓の又キャンプ場(二日目)

昨日の天気とは、うってかわって・・

朝からギラギラ晴れ ぬけるような青空ぴかぴか(新しい)

弓の又7.JPG

夜は、長袖(トレーナーやフリースジャケット)を着込むほど

寒かったのに・・

あっという間に、気温上昇。

タープの下にいるのも辛いっあせあせ(飛び散る汗) 暑いっあせあせ(飛び散る汗)ので

早速、サイト横を流れる川へるんるん

弓の又8.JPG


川の上流。

弓の又9.JPG


川の下流。

弓の又10.JPG

少し流れの速いところや、子供の腰あたりの水深のところもあるの

で、小さい子は気をつけたい川ですが・・

とにかく、綺麗!冷たい!気持ち良い!



場内は、受付から、川に沿って奥へ、坂を上がる感じです。


場内の真ん中から、上。

弓の又11.JPG


真ん中から 下。

右がトイレで、左が炊事場。

夜は10時に、完全消灯・・場内は、真っ暗。

トイレは、人を感知して点灯(ちょっと怖いがく〜(落胆した顔)

虫が多くて、甥っ子は怖がって、トイレでオシッコ出来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

弓の又12.JPG



午後から、富士見台高原ロープウェイに乗って 

“ヘブンスそのはら”へ。

(キャンプ場からロープウェイ乗り場まで、車3分)
弓の又14.JPG

標高1400M。

弓の又13.JPG

冬はスキー場。夏は花畑かわいい

スーパースライダーがあったり・・・

弓の又15.JPG

ツリーハウスがあったり・・

弓の又16.JPG

大人も、童心にかえって遊べまするんるん

凛と咲く、高原のお花に、癒されますかわいい

弓の又17.JPG



家族で、初めての2泊3日キャンプ。

高規格なキャンプ場ではありませんが、その分、自然を満喫できまし

た。


蚊には悩ませられませんでしたが、ブヨががく〜(落胆した顔)

大人たちの足は、ブヨに刺されて、張れまくり・・

ブヨって、本当に “ひざ下”狙ってきますふらふら

今度は、虫対策完璧にしなくてはパンチ



(8/13〜15)













posted by 高橋ゆかり at 15:20| Comment(0) | 弓の又キャンプ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする