PROFILE

2010年06月04日

壱岐VSみちのく

先日、取材で行った長崎で、

教えていただいた焼酎・・ハマりました黒ハート


長崎県壱岐の焼酎・・その名も 「壱岐」

壱岐の焼酎.JPG

壱岐は、麦焼酎の発祥の地だそうです。


しかも、壱岐焼酎は、

世界貿易機関(WTO)によって「地理的表示の産地指定」を

受けて、国際的ブランドとして保護されているそう。


ワインの「ボルドー」「シャブリ」「シャンパーニュ」

ウイスキーの「スコッチ」「バーボン」

ブランデーの「コニャック」「アルマニャック」などの世界の銘酒も

地理的表示の産地指定を受けているそうです。


日本では、「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「琉球泡盛」「薩摩焼酎」が

産地指定を受けているそう・・




私が頂いたのは「壱岐・SUPER GOLD 22」


スペインでシェリー酒に使用したホワイト・オーク(樫樽)に、

5年貯蔵したものです。


金色の輝き、甘い香り、やさしい口当たり・・ハマリましたわーい(嬉しい顔)




早速、先輩宅へお持ちしました電車


なんと、「南極の氷」を用意してくださいました。

南極氷1.JPG

お酒をそそぐと、パチパチと音が・・


数万年から数十万年に、氷にとじこめられた大気が

今、解き放たれた音です。


「まさに、大気のタイムカプセルや〜」




さらに、おすすめ米焼酎もご用意してくださり

純米焼酎.JPG

麦VS米 

長崎(壱岐)VS秋田(みちのく)・・焼酎対決パンチ


フィールドへ持ち出す前に、飲み干してしまいそうたらーっ(汗)













posted by 高橋ゆかり at 11:13| Comment(3) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

源作印のワイン

デパ地下のワイン売り場に

日本のワインコーナーがありました。

そこで気になったのは、これっ!

お酒2.JPG

店員さん曰く 「源作おじいさんが作ったワインです」

なんて、直球なネーミンググッド(上向き矢印)


調べてみると・・

1940年に「秩父生葡萄酒」として売り出されて、フランス人神父に

「ボルドーの味」と賞賛されてから、知る人ぞ知る

秩父の銘醸ワインと、評価も高まったとのこと・・

その情熱は、現在、四代目五代目に受け継がれているとのこと・・


日本に、こんな素晴らしいワインがあるなんて、知りませんでした。


口当たり軽やかで、ブドウの香りと旨みがあって、

さわやかな渋みがあって・・・


一緒に買った、羊乳のハードチーズ

ナポレオン エクストラヴュー (ハチミツのような甘さがあります)

と、ぴったりでしたぴかぴか(新しい)

posted by 高橋ゆかり at 21:48| Comment(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

日本酒の古酒

先日、友人とデパ地下散策していたら・・

お酒1.JPG

日本酒の “古酒” を発見!(木戸泉 古酒五曲)

古酒と言ったら、泡盛の古酒しか知らず・・

早速、順番に20年ものまで、試飲しました。


まぁ〜! 美味しいのなんのっ黒ハート

すっきりとした甘さで

年を重ねるほど、まろやかな口当たりにぴかぴか(新しい)


20年ものを飲んだ夫 曰く 「紹興酒みたい」

・・言われてみれば、香りといい、味といい、上等な紹興酒のよう。



飲んだ後は、体がホカホカ〜

翌日にも、まったくヒビキませんでした手(チョキ)

これは、冬キャンプにもってこいっ!

近所の魚やさんの、手作りからすみが合うかも〜ぴかぴか(新しい)














posted by 高橋ゆかり at 13:00| Comment(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする