PROFILE

2013年09月12日

渓流キャンプ!

曇り2013年8月21日〜22日晴れ

夏休みの最後の週・・・
子どもの望みの「恐竜博物館見学」と、夫の望みの「渓流釣り」ができる、
「渓流釣り場 ようらく」のオートキャンプ場に行ってきました。


まずは、子どものお楽しみ、
神流町恐竜センターへ車(RV)
P8210083.JPG  P8210090.JPG
(ここは、何度来ても飽きないっ!・・そうですわーい(嬉しい顔)
(センターお隣の、はこだたみキャンプ場も良いですよ〜)

しかしっ!
今回は、釣りも目的なので、神流川の上流域の支流まで、登っていきます。
P8220136.JPG
(管理釣り場の中の、オートキャンプスペースなんですね)

DSCF0081.JPG
(野性味あふれる管理棟)

なつっこいワンコたちが、お出迎えです犬
DSCF0079.JPG
(のち、このワンコたちが、なくてはならない存在に・・・)

受付を済ますと、管理人さんから
「犬を放してるけど、大丈夫?」と。

子どもたちも「犬と遊べる〜!」と大喜び・・・しかし・・

「犬を繋いじゃうと、熊が来るから」・・・えっがく〜(落胆した顔)

なんでも、すぐ近くの山に熊がいて・・・
犬たち(4頭いるそうです)は、キャンプ場を含む管理釣り場一帯を巡回して
自分たちのなわばりを主張しているそうです。
そうすることで、熊などの動物が、人間たちのいる管理釣り場に入ってこないそうです。

しかも、
「今日は、あなたたち一組だから、好きなトコでキャンプして。
薪は、そのへんの立ち枯れている木を、どんどん使って。
今夜は、用事があるから、私もいなくなるけど。」と・・・

携帯電話の電波なぞ、一切とどかぬ、深山幽谷の地に、私たちだけexclamation&question


一抹の不安を抱きながらも、設営開始。

しかし、サイトも、川も、すっごく良いっ!!
P8220125.JPG

DSCF0119.JPG

P8210104.JPG
(魚いるかな〜?)

設営後、魚を放流してもらい、子どもたちは、川遊び、夫は釣り。
P8220130.JPG
(釣りの邪魔するなよ〜)

結果・・けっこう釣れました。
DSCF0094.JPG
なにがなんだか、私には分からないのですが、山女、岩魚、鱒が釣れるそうです。

DSCF0097.JPG  P8210118.JPG
     (早速、塩焼きでいただきました)

・・・と、日中は、ともかく楽しく遊びましたが、
山は暗くなるのが、早いっあせあせ(飛び散る汗)

2頭のワンコが、ぴったりと、私たちのサイトに張り付き、
時折、暗闇にむかって、うなったり、吠えたりあせあせ(飛び散る汗)

誰かがトイレに行くと、1頭は付いて歩き、
もう1頭はサイトに残り、私たちと行動を共にしました。
山の暗闇は怖かったけど、ワンコたちがいてくれて、とても心強かったふらふら


チェックアウト時、私たちの車が見えなくなるまで、
見送ってくれたワンコたちでした犬
P8220135.JPG


追記:
こんなにも“自然の中に放り込まれた感”いっぱいのキャンプは
いまだ経験ありませんでした。
野生の動物たちの気配を感じつつ、ワンコの息使いに安堵して・・・
たまには、こういうキャンプもアリ!ですね。

posted by 高橋ゆかり at 20:39| Comment(2) | ようらく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

島キャンプ!

晴れ2013年8月9日〜12日晴れ

伊豆大島で、初の島キャンプ!

初めての伊豆大島ですから・・・
三原山登山、シュノーケリング、温泉、お祭り&花火大会、そして釣りなどなど
盛りだくさんのスケジュールでしたダッシュ(走り出すさま)

P8100038.JPG  DSCF0021.JPG
(三原山登山は、往復2時間)     (港の夏祭り&花火大会)

DSCF0017.JPG  DSCF0030.JPG
(キャンプ場前のメメズ浜の堤防)   (とにかくキレイな海!)


去年の夏の海キャンプで、あまりの暑さに
「夏のテント泊は、コリゴリふらふら」になってしまった両親のため、
初日は、ロッジ泊グループとデッキテント泊グループに分かれました。
(2日目は、全員ロッジ泊)


P8100043.JPG
(管理棟兼ロッジ・・・素泊り一泊 2000円/大人 1600円/小中学生)

P8100044.JPG
(常設のデッキテント・・・利用料 300円/大人 150円/小中学生 テント4000円)
P8100048.JPG
かなり年季の入った常設テントですが、中はキレイでした。
ただ、常設されている場所によっては、風が通らず、夏の夜は辛いかも・・・。
今回は、1番サイト(良さげなサイトは、4番5番あたりかな)

結果・・・

テント泊の感想
「とにかく暑くて、眠れなかったもうやだ〜(悲しい顔)
ロッジ泊の感想
「2段ベッドに子どもは大喜び!エアコン完備で大人も満足」


テント泊は大変でしたが、
自然が豊かで、とてもステキなキャンプ場でした。
DSCF0015.JPG

DSCF0042.JPG
(メメズ浜の夜釣り。 一時間ほどの釣果です)


まだまだ遊びたい!
もっともっと伊豆大島を知りたくなりました!
きっと、来年も・・・船




追記:
ダイビングポイントで有名な、伊豆大島最南端の「トウシキ」に行きました。
DSCF0029.JPG
溶岩に囲まれた自然のプールには、
カラフルな魚、サンゴ、イソギンチャク・・・
子どもでも気軽に、シュノーケリングで観察できました。

ただ、食事処がありませんから、弁当持参がおすすめです。
特に、島の中心街(元町や岡田など)以外、
日曜は、お店が、ほとんどお休み。
DSCF0031.JPG
トウシキ近くの「なんぶストアー」
(日曜やっている、唯一のお店か?!)
お惣菜やお弁当が豊富です。
地魚のおつくりも有りで、昼食・夕食にお世話になりましたわーい(嬉しい顔)

posted by 高橋ゆかり at 14:24| Comment(0) | 海のふるさと村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする